TOP
Powered by 旅色

おすすめ文学グルメ【Vol.2】

日本が舞台になっている、家飲みにぴったりの本と、物語にゆかりのあるアレンジレシピをご紹介。美味しい「文学グルメ」を各地で堪能しましょう。

Photo/RYO HANABUSA  Food Styling/YOSHIE MATSUSHIMA  Text/MAYU SHINOHARA・YASUFUMI SHINTAKU(Tokyo Pistol Co., Ltd.)

[神奈川] 舞茸とチーズともち米のシュウマイ

横浜の名物のシュウマイを缶つまを使った簡単アレンジレシピに。お肉なしでも大満足。

材料:(1皿分)
Smoke 貝柱缶……1缶
シュウマイの皮……12枚
もち米……1/2合
長ネギ 白い部分……5~6cm
舞茸……15~20g
溶けるスライスチーズ……1/2枚
片栗粉……小さじ1/4
酒……小さじ1

作り方

(1)水気を切った缶詰、長ネギ、舞茸を全てみじん切りにして混ぜる。

(2)片栗粉、酒を加え、炊いたもち米も混ぜ合わせる。溶けるスライスチーズをさいて入れる。

(3)シュウマイの皮に(2)を包む。

(4)蒸し器で6分蒸す。

貝柱の旨味と燻製の香りが豊かな一品には、ほのかな酸味の純米酒を

多満自慢 純米無濾過 720ml

多満自慢 純米無濾過 720ml

おとも本は、森茉莉著『横浜南京街』(『私の美の世界』内に所収、594円/新潮文庫)

明治の文豪森鴎外の長女、森茉莉のエッセイ集の一話。多彩な話題から彼女独自の“美の世界”を切り取ります。色とりどりの装飾や雑多な街並み、エキゾチックで大胆な料理など、異国情緒溢れる描写が続く『横浜南京町』を読めば、まるで異国に迷い込んでしまったかのような感覚に。お供は横浜の名物、シュウマイを。

おすすめ文学グルメ【Vol.3】
[鹿児島] ハバネロサーディン丼

飲み旅本。vol.3 2018年Vol.3 電子雑誌を読む

  • 新たな鍋の新定番!?酒鍋でさらに日本酒を楽しもう!② 「牛すじこんにゃく酒鍋」

    新たな鍋の新定番!?酒鍋でさらに日本酒を楽しもう!② 「牛すじこんにゃく酒鍋」

  • 「缶つま」ちょい足しで上級ピクニックごはん② 「ローストビーフの大葉巻き うにのコンソメジュレ乗せ」

    「缶つま」ちょい足しで上級ピクニックごはん② 「ローストビーフの大葉巻き うにのコンソメジュレ乗せ」

  • 「たけだバーベキュー」考案 わくわく“缶短”アウトドアおつまみレシピ【Vol.3】

    「たけだバーベキュー」考案 わくわく“缶短”アウトドアおつまみレシピ【Vol.3】

  • 夏バテもストレスも吹き飛ばす! ワインに合う“疲れとり”おつまみ③「アボカドとメキシカンコンビーフのチーズ春巻き」

    夏バテもストレスも吹き飛ばす! ワインに合う“疲れとり”おつまみ③「アボカドとメキシカンコンビーフのチーズ春巻き」

  • 「缶つま」ちょい足しで上級ピクニックごはん③ 「たいらぎ貝柱パスタサラダ」

    「缶つま」ちょい足しで上級ピクニックごはん③ 「たいらぎ貝柱パスタサラダ」