TOP
Powered by 旅色

おすすめ文学グルメ【Vol.1】

日本が舞台になっている、家飲みにぴったりの本と、物語にゆかりのあるアレンジレシピをご紹介。美味しい「文学グルメ」を各地で堪能しましょう。

Photo/RYO HANABUSA  Food Styling/YOSHIE MATSUSHIMA  Text/MAYU SHINOHARA・YASUFUMI SHINTAKU(Tokyo Pistol Co., Ltd.)

[北海道]ほっき貝のアスパラ梅肉和え

北海道産のほっき貝のコリッとした食感、利尻昆布の出汁に梅の風味でさっぱり仕上げたおつまみ。

材料:(1皿分)
北海道産ほっき貝の利尻昆布炊き缶……1缶
アスパラ……3~4本
梅干し……2個(大きめのものなら1個)
すだち……1/2個

作り方

(1)沸騰したお湯にひとつまみの塩を入れ、一口大に切ったアスパラを30秒茹でる。ざるにあげ置いておく。

(2)梅干しを叩く。

(3)ほっき貝をアスパラと同じくらいの大きさに切り、(1)と(2)と和える。

(4)すだちをカットし、絞っていただく。

爽やかな後味の「純米吟風国稀」を合わせて。

純米吟風国稀 720ml

純米吟風国稀 720ml

おとも本は、長嶋有著『猛スピードで母は』(475円/文春文庫)

第126回芥川賞を受賞した、北海道南部にある海沿いの都市に住む少年・慎と母との日々を描いた作品。淡々と語られる慎の心情と北海道の風景が重なります。レシピに使われているのは「北海道産ほっき貝の昆布炊き」。物語のモデルとされている室蘭市内には、アイヌ語で「ほっき貝のたくさんあるところ」を示す母恋(ぼこい)という地名があり、昔からほっき貝がよく食べられていたと言われています。

おすすめ文学グルメ【Vol.2】
[神奈川] 舞茸とチーズともち米のシュウマイ

飲み旅本。vol.2 2018年Vol.2 電子雑誌を読む

  • 日本酒に合う“缶つま”やせつまみ① 「ほたるいかの沖漬と蕪の和え物」

    日本酒に合う“缶つま”やせつまみ① 「ほたるいかの沖漬と蕪の和え物」

  • 「たけだバーベキュー」考案 わくわく“缶短”アウトドアおつまみレシピ【Vol.1】

    「たけだバーベキュー」考案 わくわく“缶短”アウトドアおつまみレシピ【Vol.1】

  • 「たけだバーベキュー」考案 わくわく“缶短”アウトドアおつまみレシピ【Vol.3】

    「たけだバーベキュー」考案 わくわく“缶短”アウトドアおつまみレシピ【Vol.3】

  • 「たけだバーベキュー」考案 わくわく“缶短”アウトドアおつまみレシピ【Vol.4】

    「たけだバーベキュー」考案 わくわく“缶短”アウトドアおつまみレシピ【Vol.4】

  •  夜景にカンパイ! ワインに合う“缶つま”Amuse【Vol.2】

    夜景にカンパイ! ワインに合う“缶つま”Amuse【Vol.2】