TOP
Powered by 旅色

\缶つまを使って簡単アレンジ/
日本酒と味わいたい とっておきおつまみ③

温めても冷やしても美味しく飲める日本酒は、温度によって名称や味わいが異なります。それぞれに合った飲み方と、相性抜群の“缶つま”アレンジおつまみをいっしょに味わって、日本酒をもっと美味しく楽しみましょう。

Food Styling/KANA YAGI Photo/MASAYA ABE Text/MINORI FUJIMURA

さっぱりレモン風味の牡蠣はキンキンの日本酒で
「牡蠣とクリームチーズのレモン黒胡椒焼き」

日本酒と相性抜群の牡蠣に、クリームチーズとアボカドを加えてオシャレおつまみに。とろけるチーズを頬張りながらキンキンに冷えた日本酒をグイッと! レモンのさっぱり感と黒コショウの刺激に思わず酒もすすみます。

材料)
缶つまプレミアム 広島県産焼かきレモン黒胡椒味・・・1缶
クリームチーズ・・・40g
缶のオイル・・・大さじ1
アボカド・・・1/2個(正味50g)
黒こしょう・・・適量

作り方

① 小さめのスプーンを使い、程よい大きさにアボカドの実をくり抜く。

② ボウルにクリームチーズ半量と缶つまオイルを加えソース状になるまで混ぜる。牡蠣と①を加えて和える。

③ ①でくり抜いたアボカドの皮に②を詰めていく。残りのクリームチーズをちぎって乗せる。

④ トースター(1000W)で10分ほど焼く。焼きあがったら黒コショウを適量ふって完成。

相性抜群な日本酒はコレ! 雪冷えで

ロック酒の上善如水 純米

ロック酒の上善如水 純米

日本酒は温度で味わう

55度 飛び切り燗:徳利を持つのが困難な熱さ。強い香りと辛口が特徴。
50度 熱燗:徳利から湯気が現れる位。キレの良い飲み口に。
45度 上燗:徳利を手にすると温かく感じる。純米酒に最適。
40度 ぬる燗:体温より少し高め。香り豊かになりとろみを感じる。
35度 人肌燗:体温より少し低め。米や麹の香りを感じる。
30度 日向燗:冷・温どちらも感じない温度。なめらかな味わい。
20度 常温:若干冷たく感じる。香りと味わいのバランスが良い。
15度 涼冷え:冷蔵庫から出してしばらくした温度。華やかな香り。
10度 花冷え:冷蔵庫から出してすぐの温度。爽やかでみずみずしい。
5度  雪冷え:キンキンに冷え、瓶から冷気が見える。硬い味わい。

日本酒と味わいたい とっておきおつまみ④
「スモーク鮭ハラスとしそ香る手まりおにぎり」

飲み旅本。vol.5 2018年Vol.5 電子雑誌を読む

  • \缶つまを使って簡単アレンジ/ 日本酒と味わいたい とっておきおつまみ④

    \缶つまを使って簡単アレンジ/ 日本酒と味わいたい とっておきおつまみ④

  • \缶つまを使って簡単アレンジ/ 日本酒と味わいたい とっておきおつまみ②

    \缶つまを使って簡単アレンジ/ 日本酒と味わいたい とっておきおつまみ②

  • \缶つまを使って簡単アレンジ/ 日本酒と味わいたい とっておきおつまみ①

    \缶つまを使って簡単アレンジ/ 日本酒と味わいたい とっておきおつまみ①

  • 夏バテもストレスも吹き飛ばす! ワインに合う“疲れとり”おつまみ④

    夏バテもストレスも吹き飛ばす! ワインに合う“疲れとり”おつまみ④

  • 夏バテもストレスも吹き飛ばす! ワインに合う“疲れとり”おつまみ③

    夏バテもストレスも吹き飛ばす! ワインに合う“疲れとり”おつまみ③