TOP
Powered by 旅色

酒のためならどこへでも!
東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第9話

人気動画クリエイター・東海オンエアのゆめまるさんと旅する酒連載。第9話は、なにやら“旅先でしか吞めぬ酒”なるものが愛知県にあると聞きつけ、豊臣秀吉出生の地・名古屋市中村区にある一棟貸しの宿「Show和の宿つちや」にやって来ました。

撮影/芹澤裕介

▶▶▶第9話―“旅先でしか呑めぬ酒”を求めて―

▲PCでご覧いただくと、雑誌形式で見ることができます

▲PCでご覧いただくと、雑誌形式で見ることができます

「Show和の宿つちや」でののんべえの気ままな過ごし方

①\出世階段!?/
秀吉愛あふれる館内を堪能

大阪の印象が強い秀吉ですが、実は現在の名古屋市中村区に当たる場所が出身地。館内には農民から天下を取るまでの秀吉をイメージした“出世階段”や秀吉が着ていた羽織のレプリカなどが。歴史風情ある館内はいるだけで満喫できます。

秀吉にまつわる館内の設えにテンション上がる! 壁には等身大の豊臣秀吉が描かれています

秀吉にまつわる館内の設えにテンション上がる! 壁には等身大の豊臣秀吉が描かれています

②\お点前頂戴いたします/
和の空間でお茶体験

「ムズカシイ……」

「ムズカシイ……」

次は宿の方にレクチャーをしてもらいながらお茶を体験。雰囲気のある和室はなんだか心が整います。「お茶は前にも体験したことがあるんだけどやっぱり難しい」と、なげくゆめまるさんでしたが、「素質ありますよ!」と褒められていました。

③\のんべえの本領発揮/
旅先でしか呑めぬ酒×手作りおつまみで至福の時間を

本日のお酒は「花鳥風月」。県内の特定の宿でしか提供されていない、まさに旅先でしか吞めないレアな日本酒です。この宿では4種類のうち「鳥」と「風」の2種類を楽しめます。台所でおつまみ作りをして、晩酌タイム開始。

「すっきりとした味わい…まさに風! 」

「すっきりとした味わい…まさに風! 」

台所は自由に使用可能で、暮らすように泊まれるのが魅力です

台所は自由に使用可能で、暮らすように泊まれるのが魅力です

嗜んだお酒とおつまみはコレ

旅先でしか吞めぬ酒「花鳥風月」

「Show和の宿つちや」で出しているのは「鳥」と「風」

「Show和の宿つちや」で出しているのは「鳥」と「風」

愛知県ホテル旅館生活衛生同業組合青年部が、愛知県酒造組合青年部と共同で開発した日本酒。組合に所属している取り扱い宿でのみ販売している、旅に出ないと飲むことのできないお酒です。お酒は4種類あり、それぞれ県内の違う酒蔵で作られています。宿で提供される愛知県の郷土料理の味に合うよう工夫されており、飲み比べてみるのもおすすめ。2021年版から酒蔵を変えて作られる、2022年版も鋭意制作中だそうです。
 

陣中焼き味噌

「Show和の宿つちや」の前身である「つちやホテル」では、「陣中焼き」という料理が提供されていました。織田信長が長篠の戦いの陣中において食べたという食事に着想を得た、鶏肉や野菜を陣中焼き味噌やバターと一緒に陶板の上で焼いた料理です。それがとても人気だったため、陣中焼きに使われていた味噌が復刻し、Show和の宿つちやのネットショップにて販売されています。甘い味の味噌は、野菜や豆腐に付けて食べてもぴったり。お酒とも相性抜群です。
 

ゆめまるさん作「ししゃもとチーズの春巻き」

揚げ物に合うように作られたという日本酒「鳥」に合わせ、「缶つま 北海道産 子持ちししゃも」を使って春巻きを手作り。ししゃものほろ苦さとチーズの旨味がマッチして、食べたらもう止まらなくなるおつまみです。缶詰の中の油も余すことなく使って揚げることで、香ばしさがさらにアップ。
 
▼作り方はこちらから
https://nomitabi.tabiiro.jp/article/1860

もっと豊臣秀吉を知りたい!宿周辺の歴史スポット散策もおすすめ

歴史スポット①中村公園

もっと秀吉について知りたくなり、歴史スポット散策開始。徒歩15分ほどの場所にある「中村公園」では「日吉丸となかまたち」と題された群像を見学。日吉丸は豊臣秀吉の幼名なんだそう!

日本庭園風に整備された池や茶室のある、和を感じられる公園。近隣には豊國神社や秀吉清正記念館を始め、豊臣秀吉や加藤清正に関連した歴史スポットが点在しています。子どもが遊べる遊具などもあり、区民の憩いの場です。
 
住所:愛知県名古屋市中村区中村町高畑68
電話:052-413-5525(中村公園事務所)
 

歴史スポット②豊國神社

続いて、中村公園の近隣にある「豊國神社」へ。戦国一の大出世を果たした秀吉を主祭神として祀る神社ということで、出世開運や仕事成就にご利益があります。

農民から天下統一を果たした豊臣秀吉をたたえ、祀っている神社。明治18(1885)年に地元の有志により創建されました。秀吉の馬印(戦場で武将が自分の場所を示すための印)に使われていたひょうたんをモチーフにしたお守りや出世守など、秀吉にちなんだ授与品もあります。
 
住所:愛知県名古屋市中村区中村町木下屋敷
電話:052-411-0003
 

歴史スポット③秀吉清正記念館

中村公園すぐ隣の歴史博物館「秀吉清正記念館」で、歴史のお勉強も。ゆめまるさんは甲冑に興味津々。刀なども展示してあり、館内にいるとなんだか背筋が伸びます。

中村区出身の武将である豊臣秀吉と加藤清正の史料を展示する歴史博物館。当時の武具や手紙などさまざまな史料で、織田信長の隆盛から秀吉の天下統一、豊臣家の滅亡までを知ることができます。入館料は無料なので、気軽に歴史旅を楽しめるのも嬉しいポイントです。
 
住所:名古屋市中村区中村町茶ノ木25
電話:052-411-0035
時間:9:30~17:00
休館日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、第4火曜日(祝日除く)、館内点検日、年末年始
 

\動画でもよっぱらってます/

PROFILE

ゆめまる / 東海オンエア

愛知県岡崎市を拠点に活動する6人組動画クリエイター「東海オンエア」のメンバー。てつや、しばゆー、りょう、としみつ、ゆめまる、虫眼鏡からなるグループ。個性溢れるネタ動画を中心にさまざまなジャンルの動画を投稿し、人気を集める。2016年には「岡崎観光伝道師」に任命されるなど活動の幅を広げている。また、ゆめまるはメンバーの中でもかなりのお酒好きとして知られる。

今回の「のんべえ日記。」の感想や、最近の酒事情について語るゆめまるさんのインタビューは下記からチェック!

「この宿に来なきゃ呑めない酒があるって、すごくない?」
東海オンエアゆめまるさんインタビュー

飲み旅本。vol.9 2021年Vol.9 電子雑誌を読む

  • 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第9話 【ゆめまるさんインタビュー】

    東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第9話 【ゆめまるさんインタビュー】

  • 絶景を眺めながら地酒片手に極上時間を 茨城のほろ酔い宿

    絶景を眺めながら地酒片手に極上時間を 茨城のほろ酔い宿

  • 心あたたまる地元自慢の酒旅へ in茨城 【栗山千明さんインタビュー】

    心あたたまる地元自慢の酒旅へ in茨城 【栗山千明さんインタビュー】

  •  栗山千明さんが心あたたまる地元自慢の酒旅へ in茨城-2日目-

    栗山千明さんが心あたたまる地元自慢の酒旅へ in茨城-2日目-

  •  栗山千明さんが心あたたまる地元自慢の酒旅へ in茨城

    栗山千明さんが心あたたまる地元自慢の酒旅へ in茨城

ブランジスタが手がける電子雑誌
ブランジスタが手がける電子雑誌