TOP
Powered by 旅色

大自然に包まれたグランピングリゾート
「星のや富士」で、心が生き返る“リフレッ酒”旅

2015年10月30日に開業した日本初のグランピングリゾート「星のや富士」。富士河口湖を見晴らす丘陵に佇み、隠れ家を思わせる空間が広がります。施設内にあるキャビンのテラスリビング、ライブラリーカフェ、ダイニングでは地元・白州のウイスキーをはじめ、各種ウイスキーやワインも味わえ、飲み旅にもぴったり。今回は、旅色編集部員が実際に宿泊して癒されてきた様子をレポートします。特別なステイが叶う「星のや富士」で究極の“リフレッ酒”旅してみませんか?

まずは冒険の準備から

車を停めて、受付をレセプションで行います。ガラス張りの建物の中はシンプルな作り。グランピング用のリュックが壁一面に飾られ、思わず「オシャレ!」とつぶやいてしまうほど。

実はこちら、チェックイン時にひとり1つずつ好きなものを選ぶようになっていて、リュックの中にはヘッドランプに双眼鏡など、滞在中に活用できるグランピングアイテムが入っているんです。

中身はこんな感じ。オリジナルボトルと「森のビスコッティ」は持ち帰ることが出来ます

中身はこんな感じ。オリジナルボトルと「森のビスコッティ」は持ち帰ることが出来ます

まるで冒険の準備をしているような気分。どのリュックも可愛くて、選ぶのに時間がかかってしまいました(笑) その日の服装に合わせてチョイスしてみても良いかもしれませんね! チェックインをしたら、専用の車に乗って宿に向かいます。宿に向かうまでの道のりは生い茂った木々に囲まれたけもの道。坂道を上っていく間、どんどん日常と切り離されていくような特別感があり、ワクワクが止まりません。

宿泊棟のキャビン(客室)に到着

宿泊するキャビン(客室)は全室、レイクビュー。河口湖に面した大きな窓があり、モダンでシンプルな装いです。外の景色が映えるようにあえて室内の色数を抑えているのだそう。天井の勾配も窓に行くにつれてだんだんと高くなっていて、これも外の景色が広く見えるようになされている工夫です。

窓一面に美しい景色が映され、清々しい! “中にいるけど外にいるような”開放的な時間を過ごすことができます。

窓から降り注ぐ光を浴びながらのコーヒータイムも良いものです。キャビン内には自分で淹れるコーヒーセットが完備されていて、コーヒーは「星のや富士」のオリジナルとなっています。
 
そしてなんといっても最高なのが……

こちらのテラスリビング! 「景色すごい……!」と何度言ったか分からないほど感動しました。冬はこたつ、夏はベッドのような大きなソファが置かれていて、室内から眺めているときとはまた違った自然の壮大さが感じられます。ぼーっと物思いにふけってみると、日々のストレスが浄化されていくよう。

とにかく絶景! 目も耳も心も癒される空間

続いて、「星のや富士」のメインエリア、敷地最上部にある「クラウドテラス」へ向かいます。丘陵の森にウッドデッキが階層上に配置され、約6ヘクタールの広大な森の中に、大自然と触れ合えるリゾート空間が広がります。「クラウドテラス」へ向かう途中も随所に腰をおろせるスポットがあり、自分のペースで森の中を散策しながら進めるようになっています。

木漏れ日デッキ

木漏れ日デッキ

ここは「木漏れ日デッキ」。その名の通り、キラキラとした木漏れ日にたっぷり癒されながら過ごせるスポットです。座り心地のよいチェアのほか、「空中ベンチ」も設置されていて、編集部員はこのベンチがお気に入りに!

空中ベンチ

空中ベンチ

空中に浮かんでいるような気分で過ごせるベンチ。腰掛ける部分が少し傾いた造りになっていて、座ると自然に目線が上に向くようにできているんです。空を見上げてゆったりしていると、鳥のさえずりも聞こえてきました。

癒される……。
 
じっくり自然の音に耳を傾けていると、動物の鳴き声も聞こえてきてびっくり! 「今のは鹿の親子ですね」と、星のやのスタッフの方が教えてくれましたよ。

木陰のハンモック

木陰のハンモック

こちらも「クラウドテラス」へ向かう道の途中にあるスポット。うたた寝をしたり、読書をしたり、大自然のなか思い思いに過ごせる「木陰のハンモック」です。自然と一体になったような気分で、時間の流れがゆっくりと感じられる心地よい空間でした……zzZ

最上部にある「クラウドテラス」

敷地最上部の「クラウドテラス」に到着しました!

タープが張られた開放的な席のほか、早朝から夜まで炎が灯されている「焚き火ラウンジ」、そして自由に飲み物や本を選べる「ライブラリーカフェ」を完備し、手軽にグランピング体験が叶います。

焚き火ラウンジ

焚き火ラウンジ

ライブラリーカフェ

ライブラリーカフェ

「焚き火ラウンジ」では、焼きマシュマロ体験もできちゃいます!

か、顔が熱い……。焚き火の熱さに戸惑いながらも、楽しすぎてニッコニコ。こういう体験が出来るのはうれしいですよね。マシュマロは目を離すとすぐに焦げてしまい、焼き加減に悪戦苦闘。近くで同じように焼きマシュマロ体験をしていた小さい女の子に「こうやって焼くんだよ!」と指導されてしまいました(笑)。

無料で配布しているクラッカーとチョコレートで、スモア作りも可能。クラッカーとチョコレートは「ライブラリーカフェ」で受け取れます。

とろけたマシュマロに、チョコレートのアクセントがたまりません。全粒粉のクラッカーも歯触りが良くっておいしい!

焚き火BARで地元・白州のウイスキーを堪能

「クラウドテラス」では、時間帯によって催しも行っています。朝の爽やかな空気を吸い込むストレッチ、午後のスイーツタイム、夜は焚き火を囲んでジャパニーズウイスキーを堪能できるBARタイムなど。

「焚き火ラウンジ」や施設内のダイニングでは、地元・白州のウイスキーをはじめ、各種ウイスキー、ワインが味わえます。優雅なロケーションのなかいただくお酒はまた格別。自然に包まれながらのんびりとお酒を嗜んで、思いっきり“リフレッ酒”するのはいかがでしょうか。

もちろん、キャビン(客室)のテラスリビングで乾杯するのもおすすめ! テラスにはファイアプレイスがあり、火と夜景を見ながらロマンチックな飲み時間が過ごせます。

旅気分を自宅でも! 「星のや」のオリジナル土産

旅の終わりはやっぱりお土産探し。「星のや富士」のフロントデスクにあるお土産コーナーには、客室(キャビン)に置いてあるアメニティはもちろん、満足度の高いオリジナルグッズが揃います。旅の思い出をここでゲットして、自宅でも旅気分に浸っちゃいましょう。編集部員が気になったお土産をいくつか紹介します。

ジャムは時期によって種類が異なります

ジャムは時期によって種類が異なります

こちらは、清里高原で作られている「清里ジャム」。ルバーブジャム、プラムジャム、白桃ジャム、増穂ユズジャムの4種類あり、すべて山梨県産のもの。一部のジャムは、朝食の「モーニングBOX」を頼むと付いてくるので、その際に味わって、気に入ったらお土産として購入するのも良いかもしれません。

山梨感を味わえるものといったら、富士河口湖の老舗和菓子専門店「金多留満」の名物「富士山羊羹」も。星のやオリジナルパッケージをここでゲットしましょう。富士山の清らかな伏流水を使用した羊羹には、キャビンから望む富士山と河口湖が描かれています。もも羊羹といも羊羹の2種類あり、もも羊羹には風味豊かな桃、いも羊羹には甘みの強いサツマイモを使用しているのだとか。羊羹を見れば、キャビンから眺めた景色を自宅でも思い出せるかも。

そして編集部員が迷わず購入したのがコレ! 星のや富士コーヒー。豆もオリジナルで、「アウトドアブレンド」と「キャビンブレンド」の2種類が販売されています。それぞれ、外で味わうのにベストな味、室内で味わうのにベストな味と、味わいを変えているのだそう。実は宿泊時に楽しめるコーヒーも、キャビンに置いてあるものは「キャビンブレンド」、外で提供されるものは「アウトドアブレンド」としっかり分けられているんです。「星のや富士」の細やかなおもてなしに感動しつつ、充実したお土産が買えて大満足。ホクホクした気持ちで家路につきました。

ぜひ「星のや富士」で、非日常を

大自然を満喫する日本初のグランピングリゾート「星のや富士」。日々の疲れを癒したい……アウトドア気分を気軽に味わいたい、という方はぜひ! 地元のお酒も味わえば、旅がさらに楽しくなること間違いなしです。
 
 
◆星のや富士
住所/山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
電話/0570-073-066(星のや総合予約)
部屋数/40室
チェックイン・アウト/15:00・12:00
料金/1泊1室81,000円~

高橋メアリージュンさんが旅した、
1泊2日の山梨飲み旅もチェック!

飲み旅本。vol.9 2021年Vol.9 電子雑誌を読む

  • 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第8話 【ゆめまるさん&虫眼鏡さんインタビュー】

    東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第8話 【ゆめまるさん&虫眼鏡さんインタビュー】

  • 東海オンエアゆめまるさん&虫眼鏡さんが挑戦! 「“CAN”P 缶」でホットサンド作り

    東海オンエアゆめまるさん&虫眼鏡さんが挑戦! 「“CAN”P 缶」でホットサンド作り

  • 酒のためならどこへでも! 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第8話

    酒のためならどこへでも! 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第8話

  • 缶つま×日本酒×キャンプ最強説! いつもの酒がもっと特別になる“キャンプ飲みのすすめ”

    缶つま×日本酒×キャンプ最強説! いつもの酒がもっと特別になる“キャンプ飲みのすすめ”

  • え!?家で!?にお答えする7つの演出 リビング・キャンプを最高に盛り上げるヒト・モノ・コト

    え!?家で!?にお答えする7つの演出 リビング・キャンプを最高に盛り上げるヒト・モノ・コト

ブランジスタが手がける電子雑誌
ブランジスタが手がける電子雑誌