TOP
Powered by 旅色

剛力彩芽さんが鹿児島で飲み旅!
“量も質も”楽しむ焼酎の旅

ドドンと雄大な姿が美しい桜島に迎えられ、やって来たのはここ! 日本有数の焼酎王国・鹿児島県。焼酎には実はまだまだ知らない魅力があるらしい……ということで、女優の剛力彩芽さんが味わいや風味も七変化する奥深い焼酎の世界に飛び込みます。“量も質も”楽しむ新しい焼酎の旅へ、出発です。

Photo& Movie / MICHI MURAKAMI Styling / SHINGO TSUNO Hair&Make / MEGUMI OCHI Text / SATOMI KOBA

1泊2日の鹿児島焼酎旅はじめます。-1日目-

フード付きデニムジャケット 39,000円(グレースクラス|グレースクラス 小田急百貨店 03-6258-0531)、スニーカー 23,000円(NO NAME|STOCKMAN 03-5426-2251)、パーカー、パンツ、ピアスすべてスタイリスト私物

フード付きデニムジャケット 39,000円(グレースクラス|グレースクラス 小田急百貨店 03-6258-0531)、スニーカー 23,000円(NO NAME|STOCKMAN 03-5426-2251)、パーカー、パンツ、ピアスすべてスタイリスト私物

[Spot1]白金酒造
西郷隆盛が焼酎を買い占めた!? 伝説の老舗蔵へ

一次仕込み後の酒母に水と蒸したサツマイモを加え、発酵によりアルコールを造り出す「二次仕込み」を体験。「結構、力仕事ですね……」

一次仕込み後の酒母に水と蒸したサツマイモを加え、発酵によりアルコールを造り出す「二次仕込み」を体験。「結構、力仕事ですね……」

焼酎蔵の見学は初めてという剛力さん。焼酎の香りがほのかにする蔵内で、普段なかなか見学できない酒造りの工程を学びます。櫂棒(かいぼう)を使ってもろみを混ぜ混ぜ……新しい体験に大はしゃぎです。※取材のため特別に体験・撮影をしています

大正元年発売以降のロングセラー商品「白金乃露」や「石蔵」といった本格焼酎を製造、販売する酒造。焼酎造りに欠かせない水は「布引の滝」の伏流水を使い、芋は全て手作業で下処理を行うなどこだわり抜いています。国の登録有形文化財に指定されており、西郷隆盛が訪れて焼酎を買い占めたと言い伝えのある「石蔵」は現在「石蔵ミュージアム」として一般見学も可能。試飲スペース、売店も併設しています。

◆白金酒造
住所/鹿児島県姶良市脇元1933
電話/0995-65-2103(石蔵ミュージアム:0995-67-1496)
営業時間/10:00~18:00
定休日/水曜日
石蔵ミュージアム見学料金/無料

>>併設する石蔵ミュージアムへ

「石蔵ミュージアム」2階部分では、焼酎造りの工程のひとつである“蒸留の仕組み”が分かる蒸留体験をすることができます。

1階の売店では限定焼酎や焼酎に合うユニークなご当地おつまみ、駄菓子などを販売しています。

[Spot2]黒福多
鹿児島県産の黒豚ランチで“黒グルメ”を堪能

鹿児島に来たら黒グルメは必須! ということでインパクトもボリュームもある「黒カツヒレ膳」と「利き焼酎セット」で至福のランチ。心もお腹も満たされました。

鹿児島県産の黒豚のみを使用する黒豚料理店。特注でオーダーしている黒ごまと竹炭のパン粉をまぶした「黒カツ」は店の看板メニュー。お好みで屋久島産の天然塩や甘口の味噌ソースをつけていただきましょう。黒・白・黄の3種類の麹をそれぞれ使用した「利き焼酎セット」は、芋焼酎の個性をたっぷり堪能できます。

◆黒福多
住所/鹿児島県鹿児島市千日町3-2 かまつきビル1F
電話/050-3490-5193
営業時間/昼:水~日曜日11:30~14:00、夜:火〜日曜日17:30~23:00(LO21:45)
定休日/月曜日※祝日の場合は翌火曜日
料金/黒カツヒレ膳:2,000円、利き焼酎セット:700円

[Spot3]薩摩郷中蔵 GALLERIA HOMBO
試飲をしながら自分好みの味と出合う

自分好みの焼酎を探すため、本日2軒目の酒蔵へ。20種以上の焼酎が並ぶ試飲スペースでお気に入りの1本を見つけます。「説明を聞きながら味わうと新しい発見がある!」と剛力さん。味の違いを感じながら飲み比べます。

壁一面に、歴代製造のお酒のラベルが。オシャレなスペースにテンション上がりつつ、焼酎ガイダンスに耳を傾けます。

壁一面に、歴代製造のお酒のラベルが。オシャレなスペースにテンション上がりつつ、焼酎ガイダンスに耳を傾けます。

明治5年に創業した本坊酒造の薩摩郷中蔵(さつまごじゅうぐら)では、酒の造り手としての酒造りと、酒の魅力を情報発信しています。併設した「GALLERIA HOMBO(がれりあ ほんぼう)」では、歴代製造してきたお酒のラベルが壁一面にデザインされたスペースで焼酎のガイダンスを聞くことや、一部流通が限られている焼酎の試飲、購入も可能です。

◆薩摩郷中蔵 GALLERIA HOMBO
住所/鹿児島県鹿児島市南栄3-27
電話/099-822-7011
営業時間/10:00~15:30
定休日/土・日・祝日(臨時休業あり)、夏季休暇(8/13~8/15)、年末年始(12/30~1/3)
料金/無料

[Spot4]日置南洲窯
焼酎がグッと美味しくなる「黒千代香」をゲット

お気に入りの焼酎「屋久島 大自然林 芋」を手に入れたので、お次は鹿児島焼酎に欠かせない“酒器”を見に行きます。初めてみる焼酎専用の酒器「黒千代香(くろじょか)」は独特な形と風合いで奥深さを感じます。

長太郎本窯をルーツとする陶芸作品を製造・販売するギャラリー。南洲窯陶主の西郷隆文氏は西郷隆盛のひ孫にあたり、鹿児島の伝統や歴史、文化などを伝えることに寄与しています。鹿児島の土の特性を活かした酒器「黒千代香(くろじょか)」は、焼く温度によって深緑から黒、赤茶色に変化をし、桜島の形を表現しているんだとか。

◆日置南洲窯
住所/日置市日吉町日置5679
電話/099-292-3477
営業時間/9:00~17:00
定休日/日曜日
料金/黒千代香 二合(猪口2個セット):10,000円

[Spot5]竹屋神社
焼酎の神様はじめまして! 焼酎好きの聖地

焼酎のことがもっと知りたくなり、焼酎の神様を祭るという神社を訪ねます。焼酎好きの聖地で、素敵なお酒との出合いを祈願してみました。

木花咲耶姫命(このはなさくやひめ)が燃え盛る火の中、3人の子どもを出産したという伝説が残る神社。出産の様子が、焼酎が蒸留される様に例えられたことから「焼酎神」を祭る神社として有名に。夏には毎年地元の酒蔵が集い、ふるまい酒を行う焼酎神祭礼も開催され、焼酎好きの聖地として参拝客や地元民に愛されています。

◆竹屋神社
住所/鹿児島県南さつま市加世田宮原2360
料金/無料
※2020年の焼酎神祭礼は8月10日開催予定

[Spot6]食彩and地焼酎 家のじ
地元に愛される焼酎ツウ必見の名店で地焼酎を

鹿児島の食と酒を思いっきり堪能したい! と、焼酎好きなら訪れるべき居酒屋「家のじ」へ。店主の越智さんに鹿児島食材と地焼酎、おすすめの飲み方などを教えてもらいながら、焼酎話に花が咲きます。

鹿児島名物の黒豚や地野菜、鮮魚など素材を活かした料理は店主・越智さんのオリジナル。

鹿児島名物の黒豚や地野菜、鮮魚など素材を活かした料理は店主・越智さんのオリジナル。

七味小路通り沿いにあるアットホームな居酒屋。鹿児島で採れた季節野菜や鮮魚を使用した料理が人気です。120種もの焼酎を取り揃え、店主に好みを伝えておすすめの1本を選んでもらうのも楽しみ方のひとつ。カウンター席にはひとり客や女性客も多く、ふらりと立ち寄りやすい。日替わりメニューやコースもあるので何度来ても楽しめます。

◆食彩and地焼酎 家のじ
住所/鹿児島県鹿児島市東千石町5-29
電話/099-239-2777
営業時間/18:00~24:00
定休日/月曜日
料金/黒豚塩ごま鍋:2,480円、キビナゴ、桜島大根ステーキ、かぼちゃと豆乳の茶わん蒸し:各780円

[Spot7]かごっまふるさと屋台村
ハシゴ酒で鹿児島の食と文化を楽しもう

美酒を堪能してすっかり上機嫌。でもまだまだ鹿児島を余すことなく満喫するために、地元民行きつけのスポット・屋台村へ足を運びます。「気になるお店ばかり!」とはやる気持ちで、ハシゴ酒開始です。

2012年にオープンした屋台村。青森県八戸にある屋台村をモデルにしたというエリア内には、多彩なジャンルのグルメと焼酎が楽しめる全26店舗が立ち並びます。コの字型の小さなカウンターで気軽に地元飲みが体験でき、観光スポットとしても大人気。2020年12月31日までの営業なので、気になる方は早速訪ねてみて。

◆かごっまふるさと屋台村
住所/鹿児島県鹿児島市中央町6-4
電話/099-255-1588(鹿児島グルメ都市企画)
営業時間/12:00〜14:00、17:00〜24:00※店舗により異なる
定休日/第1・3月曜日(原則)

~宿でも一杯!~

旅路で購入した「黒千代香」と芋焼酎でおやすみ前の一杯。「なんて飲みやすいんだろう」と剛力さん、もうすっかり焼酎の虜です。

西郷隆盛も愛したと言われる日当山温泉を代表する老舗旅館。四季を楽しめる中庭に加え、和の趣を感じる露店風呂付き客室「離れ別邸」の5部屋、「本館客室」10部屋があり、ゆったりとした時間が過ごせます。1泊2食付きで旬の食材を活かした料理が味わえ、夜には自社農場で飼育している牛のしゃぶしゃぶを堪能することも。

◆野鶴亭
住所/鹿児島県霧島市隼人町東郷1-8
電話/0995-42-6400
総部屋数/15室
チェックイン/16:00
チェックアウト/10:00

\動画でも楽しんでます/

PROFILE

剛力彩芽(ごうりきあやめ)

1992年8月27日、神奈川県生まれ。2008年からファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルを務めるかたわら、女優活動をスタートさせる。2011年ロングヘアを現在のトレードマークであるショートカットにして大胆にイメージチェンジ。2011年7月から放送された「IS~男でも女でもない性~」では主演を務める。モデルや女優として多数のドラマや映画に出演するだけでなく、シンガーとしても活躍。特技はダンスと料理。趣味はフルートとお菓子作り。

▶▶▶2日目をチェックする
剛力彩芽さんが鹿児島で飲み旅!“量も質も”楽しむ焼酎の旅-2日目-

飲み旅本。vol.6 2018年Vol.6 電子雑誌を読む

  • あなたにぴったりの焼酎が見つかるかも 焼酎性格診断テスト

    あなたにぴったりの焼酎が見つかるかも 焼酎性格診断テスト

  • 「にっぽんの果実」×焼酎が実現した オリジナルカクテル大革命

    「にっぽんの果実」×焼酎が実現した オリジナルカクテル大革命

  • 酒のためならどこへでも! 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第1話

    酒のためならどこへでも! 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第1話

  • 男前女子に聞いた 思い出の焼酎コレクション

    男前女子に聞いた 思い出の焼酎コレクション

  • “量も質も”楽しむ焼酎の旅 【剛力彩芽さんインタビュー】

    “量も質も”楽しむ焼酎の旅 【剛力彩芽さんインタビュー】