TOP
Powered by 旅色

\東京からふらっと行けちゃう日帰り旅3選/
鉄道タレント・木村裕子のほろ酔い飲み鉄紀行~会津鉄道編~

寒いからって部屋にこもっているのはもったいない。この時期にしかできない、とっておきの鉄道旅行はいかがですか。鉄道タレントの木村裕子さんがおつまみとお酒を携え、あったかい冬の飲み旅に出かけます。

Photo/MASAYA ABE Styling/KAORI KIKUCHI Text/ASUMI HACHIYA

お座トロ展望列車で囲炉裏と茅葺屋根の駅をめぐる「会津鉄道」

浅草から特急列車でまっすぐ向かえば、そこは南東北、会津地方。囲炉裏のある駅や、猫のいる駅など、情緒あふれる会津鉄道をお座トロ展望列車で巡ります。

途中下車おすすめスポット

すべてが揃う、会津の玄関「会津田島駅(あいづたじまえき)」

「旅の初めに買い込むための駅です」
会津田島駅は売店「やまびこ」や物産館「やまなみ」があり、日本酒も含めて充実の品揃え。旅のお酒もおつまみもここで調達できちゃいます。駅2Fにある「レストラン ヴォーノ」で、特製トマトソースが魅力的な「トマトラーメン」(アスパラ麺:800円)をいただくのもおすすめ。

住所/福島県南会津郡南会津町田島西番場甲358−3
電話/0241-62-0065

レストラン ヴォーノ
住所/会津田島駅 2F
電話/0241-62-5757
時間/11:00~16:30 (LO16:00)
定休日/無休

超絶景観光名所!「塔のへつり駅(とうのへつりえき)」

塔のへつりとは、百万年の歳月をかけて、浸食と風化を繰り返しできた柱状の断崖のこと。ちなみに「へつり」は、会津の方言で「危険な崖」を意味します。全長200メートルにわたって奇岩が整列している様子は圧巻。また、つり橋を渡った先には、坂上田村麻呂が創建したとされる虚空像菩薩が祭られており、パワースポットとしても有名です。

住所/福島県南会津郡下郷町弥五島

塔のへつり
住所/福島県南会津郡下郷町弥五島下夕林5319
電話/0241-69-1144(下郷町商工観光課)
アクセス/塔のへつり駅より徒歩約5分

日本で唯一、囲炉裏の駅「湯野上温泉駅(ゆのかみおんせんえき)」

「日本で初めての茅葺屋根、そして唯一、囲炉裏のある駅なんです」
大内宿の玄関口である湯野上温泉駅は、その風格にふさわしい佇まいを見せてくれます。囲炉裏を囲みながら「缶つまプレミアム 鹿児島県産 赤鶏さつま炭火焼」をおつまみに、榮川をいただきました。

「ザ日本酒!な飲み口に、赤鶏の塩味がちょうどよくて、どんどん進んでしまいます!」
外には無料の足湯もあり、訪れただけで体の芯まで温まる駅です。

住所/福島県南会津郡下郷町大字湯野上字大島乙74
電話/0241-68-2533(8:30~17:00)

無料の足湯もある!

無料の足湯もある!

ねこ駅長に会える駅「芦ノ牧温泉駅(あしのまきおんせんえき)」

猫好きな木村さんイチオシの駅で、2代目ねこ駅長の“らぶ”が、訪れた人をマイペースに出迎えてくれます。
「駅と猫って相性がいいんですよ」

近くに保存されている初代トロッコ車両では、鉄道シミュレータが楽しめます。会津鉄道神社もあって、ちょっとした鉄道の聖地です。

住所/福島県会津若松市大戸町上三寄乙49
電話/0242-92-3766(8:30~17:00)

トロッコ車両
営業日/土・日・祝日
営業時間/10:00~16:00
料金/入場無料(シミュレータは1区間200円)
※ねこ駅長は撮影禁止です(今回は特別な許可のもと撮影をしています)

道中でおつまみと一杯

お座敷×トロッコ×展望な観光列車「お座トロ展望列車」

会津若松市の文化ある街並みと、下郷町・南会津町の大自然をダイレクトに体感できる「トロッコ席」、ほっこりとくつろげる掘りごたつ式の「お座敷席」、通常よりも高い位置に設定されたリクライニング式のシートでのんびりと景色が楽しめる「展望席」の3つで構成された、会津線を最大限に楽しむためのイベント列車。真っ暗闇のトンネルがシアターに早変わりする「トンネルシアター」も人気。※トンネルシアターはトロッコ席の車両にて上映

展望席からは景色がパノラマで楽しめます。

展望席からは景色がパノラマで楽しめます。

「浅草から特急列車1本で来られる会津鉄道は、鉄旅初心者の方にもおすすめです。最近は各地で観光列車が増えましたが、その先駆けが、このお座トロ展望列車。乗っているだけで観光も景色もすべて完結しますよ! 車内販売している“会津の地酒セット”を購入して、缶つまと一緒にほっこりいただけば、最高の飲み鉄です♪」

旅のお供はコレ!

缶つまプレミアム 北海道噴火湾産 ほたて 燻製油漬け

缶つまプレミアム 北海道噴火湾産 ほたて 燻製油漬け

飲み鉄ポイント:日本酒自動販売機がある駅!

会津田島駅の日本酒自販機「会津銘酒蔵」では、一杯200円というリーズナブル価格で手軽に地酒が飲めます。

飲み鉄、最高~!

飲み鉄、最高~!

ほろ酔いスケジュール

お座トロ展望列車は会津鉄道で土・日・祝日を中心に運行している展望列車です。沿線には特徴ある駅がいくつもあり、遊びどころは盛りだくさん! 列車の本数が少ないので、時刻表を手元に置いて行程を作りましょう。お座トロ展望列車は日によってダイヤが異なるのでご注意を。

浅草駅
↓特急リバティ会津で約3時間
会津田島駅
↓会津鉄道で約23分
塔のへつり駅
↓約4分
湯野上温泉駅
↓約14分
芦ノ牧温泉駅
↓お座トロ展望列車で約1時間
会津田島駅
↓普通列車と「特急けごん」で約3時間半
浅草


以上、会津鉄道編でした。
続いて2選目、富士急行編も下記リンクからチェック!

鉄道タレント・木村裕子のほろ酔い飲み鉄紀行~富士急行編~

飲み旅本。vol.3 2019年Vol.4 電子雑誌を読む

  • 「たけだバーベキュー」考案 わくわく“缶短”アウトドアおつまみレシピ【Vol.4】

    「たけだバーベキュー」考案 わくわく“缶短”アウトドアおつまみレシピ【Vol.4】

  • 日本酒に合う“缶つま”やせつまみ③ 「トップシェルと豆苗の炒め物」

    日本酒に合う“缶つま”やせつまみ③ 「トップシェルと豆苗の炒め物」

  •  夜景にカンパイ! ワインに合う“缶つま”Amuse【Vol.1】

    夜景にカンパイ! ワインに合う“缶つま”Amuse【Vol.1】

  • 「たけだバーベキュー」考案 わくわく“缶短”アウトドアおつまみレシピ【Vol.3】

    「たけだバーベキュー」考案 わくわく“缶短”アウトドアおつまみレシピ【Vol.3】

  • 日本酒に合う“缶つま”やせつまみ① 「ほたるいかの沖漬と蕪の和え物」

    日本酒に合う“缶つま”やせつまみ① 「ほたるいかの沖漬と蕪の和え物」