TOP
Powered by 旅色

栗山千明さんが心あたたまる地元自慢の酒旅へ in茨城

豊かな自然に伝統工芸といった魅力のほか、関東屈指の酒処としても知られる茨城県。そんな飲み旅にぴったりなスポットを生まれ故郷にもつ女優の栗山千明さんが、久しぶりに地元に足を運びます。懐かしい思い出とともに巡る栗山さんの飲み旅を通して、皆さんもそれぞれの愛おしい故郷に思いを馳せてみませんか。

撮影 / 中野修也 スタイリスト / ume ヘアメイク / 奥原清一 文/岡村一葉
▲PCでご覧いただくと、雑誌形式で見ることができます

▲PCでご覧いただくと、雑誌形式で見ることができます

1泊2日の酒旅 in茨城スタート!【1日目】

タンクトップ 3,850円(ReNorm by A.T|クロスプラス 03-3669-5270)、パンツ15,400円(Munich|PEACH 03-5411-2288)、ブラウス 6,930円(Rewde|美鈴0120-331-381)、シャツワンピース 46,200円(Véritécoeur|mt.Roots 092-753-7559)、バック16,500円(VIOLAd' ORO|PEACH 03-5411-2288)、ピアス3,800円(zena|zena 090-7714-7977)、靴、靴下、ベルトはスタイリスト私物

タンクトップ 3,850円(ReNorm by A.T|クロスプラス 03-3669-5270)、パンツ15,400円(Munich|PEACH 03-5411-2288)、ブラウス 6,930円(Rewde|美鈴0120-331-381)、シャツワンピース 46,200円(Véritécoeur|mt.Roots 092-753-7559)、バック16,500円(VIOLAd' ORO|PEACH 03-5411-2288)、ピアス3,800円(zena|zena 090-7714-7977)、靴、靴下、ベルトはスタイリスト私物

[Spot1]木内酒造 本店
まずは老舗酒蔵で茨城自慢の酒に出合う

「唎酒処」で、ワイン樽の中でじっくり熟成させた米焼酎を試飲した栗山さん。「焼酎なのに赤ワインの風味がして、ユニーク。色もほんのり赤いですね」

「唎酒処」で、ワイン樽の中でじっくり熟成させた米焼酎を試飲した栗山さん。「焼酎なのに赤ワインの風味がして、ユニーク。色もほんのり赤いですね」

フクロウのロゴで知られる「常陸野ネストビール」をはじめ日本酒や焼酎、梅酒、ワインも醸造する酒蔵。「ひとつの場所で色々なお酒に触れられて、テンション上がる」と、まさに酒好きの楽園!

お気に入りの味が見つかったら、ショップでお土産探し。木内酒造のお酒がフルラインナップで揃います。「飲み比べできるミニボトルセットにしようかな」

お気に入りの味が見つかったら、ショップでお土産探し。木内酒造のお酒がフルラインナップで揃います。「飲み比べできるミニボトルセットにしようかな」

200年に及ぶこだわりの酒造りに触れる

1823年創業の酒蔵で、本店では清酒「菊盛」、「米焼酎 木内」、「木内梅酒」、さらにワインやリキュールなどを醸造(世界40ヵ国以上で親しまれている「常陸野ネストビール」は、本店より車で 15 分ほどの額田醸造所で製造)。敷地内の「手造りビール工房」では、味もラベルも自分好みにアレンジできるオリジナルビールが造れます。 
 
◆木内酒造 本店
住所/茨城県那珂市鴻巣1257
電話/029-270-7955
営業時間/10:00~18:30※酒蔵見学、唎酒処は当面の間中止(公式ホームページ要確認)
定休日/1月1日
料金/ショップ:「菊盛」各種180ml 281円~、300ml 435円~、720ml 913円~、「常陸野ネストビール」各種330ml 248円~、各種セット・詰め合わせ有り

[Spot2]蔵+蕎麦 な嘉屋
酒蔵がつくる蕎麦と日本酒で粋なランチタイム

「木内酒造」敷地内にある蕎麦処で味わうのは、季節限定の「八郷産自然薯のとろろ蕎麦」。茨城産の香り高い十割蕎麦に、八郷地区で採れた自然薯のとろふわ食感が合い、やみつきになる味。

「季節の酒3種飲み比べセット」も一緒に

「季節の酒3種飲み比べセット」も一緒に

酒蔵が手がける、お酒をよりおいしく楽しめる蕎麦処

ビール麦の裏作として栽培している常陸秋蕎麦を、職人が毎朝手打ちして提供する蕎麦屋。自家農園で採れた野菜を使い、新鮮な旬の味を楽しめます。お酒は清酒「菊盛」、「常陸野ネストビール」、米焼酎「木内」をはじめとした豊富な品揃えで、季節ごとに種類が変わる「季節の酒3種飲み比べセット」もおすすめ。大正時代に建てられた米蔵を利用した趣のある店内で、極上のひと時を過ごしてみては。
 
◆蔵+蕎麦 な嘉屋
住所/茨城県那珂市鴻巣1257
電話/029-270-7955
営業時間/昼11:30~14:30、夜17:30~20:00(LO19:30)※夜の営業は土・日・祝日のみ
定休日/木曜日
料金/「季節の蕎麦(八郷産自然薯のとろろ蕎麦)」1,400円、「季節の酒3種飲み比べセット(『純米吟醸本生酒 春待月』『純米吟醸にごり酒 春一輪』『純米吟醸 愛山』)」900円

[Spot3]国営ひたち海浜公園
地元の空気と草花に癒されながら酔い覚まし

茨城の自然を堪能しに県内屈指の絶景スポットへ。初夏はラベンダー、夏になるとヒマワリが、秋は羽毛のような花穂が特徴的なパンパスグラスなどが見頃。地元の空気と自然に囲まれて、のんびり酔い覚ましです。

四季折々の草花が咲き誇る絶景にうっとり

園内にある大観覧車から眺める広大な景色も、また絶景

園内にある大観覧車から眺める広大な景色も、また絶景

太平洋岸に位置し、爽やかな潮風が吹き抜ける花と緑の楽園。丘を青一面に染める春のネモフィラを筆頭に、四季を通じて色彩豊かな草花が見られます。開園面積約215ヘクタール、東京ドーム約46個分という広大な園内には、遊園地「プレジャーガーデン」があり、大観覧車など約25種類以上のアトラクションを楽しめます。
 
◆国営ひたち海浜公園
住所/茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
電話/029-265-9001
開園時間/9:30~17:00※季節により異なる
休園日/火曜日※12月31日、1月1日、2月第1月曜日は、その週の金曜日(祝日の場合は翌平日)
料金/大人(高校生以上):450円、65歳以上:210円、中学生以下:無料※季節により異なる

[Spot4]岡部酒造
土浦にゆかりのある地酒を求め、やって来ました

栗山さんの生まれ故郷・土浦産の酒米「山田錦」を使った地酒があると聞き、常陸太田市の酒蔵へ。代表銘柄「松盛」をはじめ、多彩な日本酒、焼酎、梅酒を製造。知らなかった地元酒にどんどん興味が湧いてきます。

「松盛 純米吟醸」と「常名 純米大吟醸」は香りが高く、味も濃厚

「松盛 純米吟醸」と「常名 純米大吟醸」は香りが高く、味も濃厚

お米も水も、地元に根ざした酒造りを大切に

明治8年の創業以来、歴史と豊かな風土が息づく地酒の良さを伝えている酒蔵。土浦産の酒造好適米の山田錦で作った「松盛 純米吟醸」は県内の酒屋でも取り扱うほか、一部飲食店でも飲むことができます。同じく土浦産の山田錦を使用した「常名 純米大吟醸」は、一緒にこの酒造りに取り組む土浦市内の酒屋「土浦鈴木屋」でも販売。
 
◆岡部酒造
住所/茨城県常陸太田市小沢町2335
電話/0294-74-2171
営業時間/9:00~17:00※酒蔵見学は要予約
定休日/日・祝日、月2回土曜日
料金/「松盛 純米吟醸」720ml 1,530円、1.8l 3,060円、「常名 純米大吟醸」720ml 1,760円、1.8l 3,300円

「茨城って実は、関東で一番酒蔵が多い県なんです。」

茨城県内には36の酒蔵があり※、なんとその数は関東で最多を誇ります。酒造りが盛んな理由は、豊かな水源をもち、県内全域で米作りが行われているから。県内には久慈川水系、那珂川水系、筑波山水系、鬼怒川水系、利根川水系の5つの水系があり、その清らかな水を酒造りで大切な仕込み水に使用しています。「それぞれの水系によって水の味や性格が変わるので、造られるお酒の味わいにも関係してきます。お酒は水、お米、杜氏の腕によって、個性が磨かれます」と木内酒造の蔵人・中村幸代さんが教えてくれました。豊かな自然と蔵元の個性が育んだ茨城のお酒は、全国新酒鑑評会で金賞を受賞するなど、高い評価を得ています。
県内の蔵元が参加し、2003年に誕生した銘柄が、純茨城のお酒「ピュア茨城」。茨城県初の酒造好適米「ひたち錦」と茨城県産の酵母を使い、各蔵元がこだわる水と技によって個性豊かな純茨城の酒を造り出しています。酒蔵それぞれの味わいを、飲み比べてみてはいかが。
 
※2021年5月現在

[Spot5]萬作や
旅の夜は昔馴染みの居酒屋でほっこりタイム

「安心する空間~」

「安心する空間~」

「ここに来ると、土浦に帰ってきたんだな~って実感する」と栗山さん。小学生の頃から訪れている馴染みのお店で、昔から大好きな料理を、今宵は芋焼酎のロックとともにいただきます! 懐かしい昔話にも華が咲きます。

バナナの載った「萬作サラダ(690円)」など、ここならではのメニューは栗山さんのお気に入りばかり

バナナの載った「萬作サラダ(690円)」など、ここならではのメニューは栗山さんのお気に入りばかり

おいしい魚料理に舌鼓! 土浦ローカル憩いの居酒屋

JR土浦駅西口から徒歩3分。大衆店が軒を連ねる一角にある、創業33年の居酒屋。土浦地方卸売市場から仕入れる新鮮な魚介を使った料理のほか、ジャガイモのホイル焼きに梅干しを添えた「ジャパニーズぽてと」などオリジナルメニューも人気。お酒は日本酒、ビール、焼酎、ウイスキーなどが揃い、地元のお酒好きが集まります。
 
◆萬作や
住所/茨城県土浦市大和町8-8
電話/029-824-5692
営業時間/18:00~23:00
定休日/日・祝日
料金/「ジャパニーズぽてと」590円、「萬作サラダ」690円、「かぶと焼」680円、「刺身盛り合わせ」1人前1,500円~

\動画でも思い出話してます/

PROFILE

栗山 千明(くりやま ちあき)

1984年生まれ。茨城県土浦市出身。ティーン誌のモデルを経て、1999年に映画『死国』にて女優デビュー。映画『バトル・ロワイアル』、『キル・ビル Vol.1』など話題作に出演。2010年には歌手デビューも果たす。以降、ドラマや映画、舞台、CMなど幅広いジャンルで活躍。近年の主な出演作品には、映画『チワワちゃん』、『種まく旅人 花蓮のかがやき』、ドラマ『24 JAPAN』、『遺留捜査』、『ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~』などがある。

▶▶▶2日目をチェックする
栗山千明さんが心あたたまる地元自慢の酒旅へ in茨城-2日目-

飲み旅本。vol.8 2021年Vol.8 電子雑誌を読む

  • 絶景を眺めながら地酒片手に極上時間を 茨城のほろ酔い宿

    絶景を眺めながら地酒片手に極上時間を 茨城のほろ酔い宿

  • 心あたたまる地元自慢の酒旅へ in茨城 【栗山千明さんインタビュー】

    心あたたまる地元自慢の酒旅へ in茨城 【栗山千明さんインタビュー】

  •  栗山千明さんが心あたたまる地元自慢の酒旅へ in茨城-2日目-

    栗山千明さんが心あたたまる地元自慢の酒旅へ in茨城-2日目-

  • 酒のためならどこへでも! 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第7話-後編-

    酒のためならどこへでも! 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第7話-後編-

  • 酒のためならどこへでも! 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第7話-前編-

    酒のためならどこへでも! 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第7話-前編-

ブランジスタが手がける電子雑誌
ブランジスタが手がける電子雑誌