TOP
Powered by 旅色

個性豊かなボタニカルを楽しもう
いま飲みたい! 和製クラフトスピリッツ

奥が深いスピリッツの世界。近年では日本の高い酒造りの文化を駆使したスピリッツにも注目が集まっています。日本由来の文化や素材が詰まった和製スピリッツたちをご紹介。また、そんなスピリッツに合わせたいおつまみレシピを、食育インストラクターの和田明日香さんに考案してもらいました。

イラスト/橋本健 撮影/和田真典

大統領の贈り物としても選ばれた銘酒
「奥飛騨ウォッカ」

豊かな自然と水に富む飛騨金山で日本酒を造っている酒蔵が、白樺炭で丁寧に濾過し、貯蔵・熟成したのがこの「奥飛騨ウォッカ」。なめらかで甘みの残る口当たりが特徴です。戦後間もない昭和30年頃、人々の食の嗜好の変化に目をつけた先代がウォッカを造り始めたのをきっかけに、2006年には、当時首相であった小泉総理大臣からプーチン大統領へ日本のお土産としても選ばれました。また、2016年にプーチン大統領が来日した際にはワーキングディナーのメニューにオンリストされ、日本を代表する銘酒となりました。和製スピリッツのひとつとして人気の高いお酒です。ロックで飲んでもおいしいですが、冷凍庫に入れて冷やし、とろっとさせてからショットで飲むのもおすすめです。
 
商品名:奥飛騨ウォッカ720ml
アルコール度数:55度
小売価格:2,750円
社名:奥飛騨酒造株式会社
住所:岐阜県下呂市金山町金山1984番地
電話:0576-32-2033

爽やかに桜島小みかんが香る
「KOMASA GIN -桜島小みかん-」

世界最小のみかんとも言われ、鹿児島県・桜島を代表する名産品「桜島小みかん」をメインのボタニカルとしたクラフトジン。130年以上にわたって焼酎をつくり続けてきた小正醸造によるジンのレーベルのひとつで、十数種類のボタニカルを使う一般的なジンよりも、ぐっとボタニカルを絞り込んで作っているのが特徴です。そのため、桜島小みかんの香りが最大限に引き出された新感覚のジンとなっています。ボタニカルとして使用しているのは、メインとなる桜島小みかんのほか、ジンに必須のジュニパーベリー、桜島小みかんが持つ芳醇な甘さを引き立てるためのコリアンダー。熟練の職人たちが五感を研ぎ澄ませ、繊細なブレンドをした逸品です。オレンジとは違う日本のみかんの風味をダイレクトに感じたいなら、ジントニックなどのシンプルなカクテルで飲むのが良いかも。
 
商品名:KOMASA GIN -桜島小みかん- 500ml
アルコール度数:45度
小売価格:3,520円
社名:小正醸造株式会社
住所:鹿児島県日置市日吉町日置3309
電話:099-292-3535

日本人初のテキレロが紡ぐ伝統のスピリッツ
「Cascahuin TAHONA」

昔はタオナという石臼でアガベ(竜舌蘭)を挽いて作っていたことからその名前をとったテキーラ。メキシコのハリスコ州バジェス地方エル・アレナル自治区にある老舗、カスカウィン蒸留所で働く日本人唯一のテキーラ職人、景田哲夫さんが日本人初のテキーラ職人「テキレロ」として、古来から伝わる伝統的な製法で作っています。アガベと言われる竜舌蘭を100%使ったこのテキーラは、まさに純米吟醸酒のテキーラ版。シュレッダーなどではなく、石臼で丁寧に挽いたことで生まれる、奥深い甘みと香りが特徴的。テキーラ本来の風味が損なわれないこのシリーズは、オーセンティックなカクテルではその違いがより際立ちます。東京ウイスキー&スピリッツコンペティション2020では、銀賞を受賞。本場メキシコのテキーラ管理当局からも高い評価を得ている銘酒です。
 
商品名:Cascahuin TAHONA 750ml
アルコール度数:42度
小売価格:12,650円
社名: 株式会社フィデア(販売総代理店)
住所:東京都港区芝2-26-6 1F
電話:03-6435-0931

日本の黒糖製造技術と酒造りの融合
「SEVEN SEAS」

日本で最も古いサトウキビ産地と言われる高知県黒潮町で生産されるサトウキビを使用した純日本製のラム酒。江戸時代から良質な清酒を作る菊水酒造だからこそ実現した銘酒です。原材料のサトウキビは、畑で収穫後、地元黒糖生産者直伝の技術を駆使して搾汁・濃縮することで、青臭さや雑味のない黒糖本来の甘く豊かな香りを維持。これを安芸川皮の豊かな水を使用し原酒となる醸造酒を作り、オークの新樽で3~6ヶ月、ホーロータンクに移してトータル3年以上熟成させています。香ばしくも口当たりがまろやかなこのラムは、味と香りを楽しみたいならロックで。お湯割りや水割り、ラムリッキーなどのシンプルなカクテルでいただくのも粋です。
 
商品名:SEVEN SEAS 700ml
アルコール度数:40度
小売価格:3,300円
社名: 菊水酒造株式会社
住所:高知県安芸市本町4丁目6番25号
電話:0887-35-3501

麹で世界を目指す! 新ジャンルの和製スピリッツ
「WAPIRITS TUMUGI」

世界でも類を見ない「麹」を使った糖化と発酵を同時に進める日本独自の酒造りの手法を活かした、4大スピリッツに劣らない新たなスピリッツがこの「TUMUGI」。日本人に親しまれる焼酎「iichiko」の技術を持つからこそできるスピリッツです。ベースとなる蒸留酒は、本格麦焼酎を使用。通常の本格麦焼酎は大麦と大麦麹で作りますが、これは大麦麹だけで仕込む贅沢な「全麹仕込み」を採用することで、麹由来の豊かな旨みを実現しています。ボタニカル素材には、厳選した瀬戸内レモンをはじめ、ゆず、三ケ日みかん、そして地元大分のカボス、ミントを使用しています。丁寧に加工された和のボタニカルが、麹の香りや甘味を引きたてる独自のスピリッツになっています。世界最大規模のスピリッツコンペティション「San Francisco World Spirits Competition 2020」では、Other White Spirits部門の「Best in Class」を受賞。カクテル業界に革新的印象を残す中、食事と一緒に楽しむように柑橘系のサワーなど、シンプルなカクテルで楽しむ方も増えています。
 
商品名:WAPIRITS TUMUGI 750ml
アルコール度数:40度
小売価格:2,035円
社名:三和酒類株式会社
住所:大分県宇佐市山本2231-1
電話:0978-32-3737

食育インストラクター・和田明日香さん考案!
和製クラフトスピリッツに合わせたい缶詰レシピ

4大スピリッツを知ったなら、おいしいおつまみと一緒に晩酌したくなってきませんか? 食育インストラクターとして活躍する和田明日香さんにスピリッツに合うおつまみレシピを教えてもらいました。

ほたるいか沖漬けのじゃがバター

[材料]
缶つま 日本海獲り ほたるいかの沖漬風……1缶
じゃがいも……2個
バター ……10g
粗挽き黒胡椒……適量
 
①じゃがいもは十字に切り目を入れて、水で濡らしてキッチンペーパーで包み、電子レンジで7分加熱。
②皿に盛り、切り目にバターを落とし、ほたるいかを汁ごとかける。胡椒をトッピングして完成。
 
[ポイント]
ほくほくのジャガイモを楽しめるレシピなので、ジャガイモは男爵がおすすめです!

缶つま 日本海獲り ほたるいかの沖漬風

缶つま 日本海獲り ほたるいかの沖漬風

燻製たこのトマトサルサ

[材料]
KK 缶つまSmoke たこ……1缶
トマト……1/2個
ピーマン……1/2個
玉ねぎ……1/8個
にんにく(すりおろし)……少々
レモン汁……小さじ1
塩……ふたつまみ
オリーブオイル……大さじ1
 
①野菜は粗くみじん切りして、水気をしっかりふきとる。
②材料をすべてボウルに入れてよく混ぜる。
③バゲットやチップス、クラッカーなどにのせて食べる。
 
[ポイント]
トマトも水気をしっかりふきとることで、べチャッとした感じになりにくく、味もしっかり絡まります。

KK 缶つまSmoke たこ

KK 缶つまSmoke たこ

PROFILE

和田 明日香(わだ あすか)

東京都出身。3児の母。料理愛好家・平野レミの次男と結婚後、修行を重ね、食育インストラクターの資格を取得。各メディアや企業へのレシピ提供など、料理家としての活動のほか、各地での講演会、コラム執筆、CM出演など幅広く活動する。2018年にはベストマザー賞を受賞。『子どもは相棒 悩まない子育て(ぴあ)』やほったらかしレシピの第二弾の新刊『和田明日香のほったらかしレシピ 献立編(辰巳出版)』などのレシピブックも好評発売中。

酒蔵独自のこだわりが詰まったお酒
今、引き込まれたいクラフトスピリッツ

飲み旅本。vol.6 2020年Vol.7 電子雑誌を読む

  • 酒のためならどこへでも! 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第5話

    酒のためならどこへでも! 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第5話

  • 酒のためならどこへでも! 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第4話

    酒のためならどこへでも! 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第4話

  • \本日、酒のつまみは絶景です!/ 前田敦子さんが北海道ほろ酔い旅へ

    \本日、酒のつまみは絶景です!/ 前田敦子さんが北海道ほろ酔い旅へ

  • \本日、酒のつまみは絶景です!/ 前田敦子さんが北海道ほろ酔い旅へ-2日目-

    \本日、酒のつまみは絶景です!/ 前田敦子さんが北海道ほろ酔い旅へ-2日目-

  • 酒のためならどこへでも! 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第3話

    酒のためならどこへでも! 東海オンエアゆめまるの「のんべえ日記。」第3話

ブランジスタが手がける電子雑誌
ブランジスタが手がける電子雑誌